【薬屋のひとりごと】原作小説10巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 蝗害に立ち向かう猫猫と壬氏

-

※記事内にPRを含む場合があります

エンタメ

『薬屋のひとりごと』は、ライトノベル作家・日向夏さんによる人気ファンタジー小説。原作小説(ヒーロー文庫)の第10巻では、壬氏の乳兄弟・馬閃と不幸体質な元上級妃・里樹の関係性の変化やついに発生した蝗害の様子などが描かれています。

今回は『薬屋のひとりごと』の原作小説10巻(ヒーロー文庫)のネタバレ感想と考察について。

-

『薬屋のひとりごと』原作小説10巻あらすじ

壬氏の計らいで西都に同行することになった猫猫。壬氏の脇腹のやけどが周囲にばれないようひやひやしながら過ごしていたが、西都でも特に環境は変わらず、医官付き官女として真面目に働きつづける日々が続いていた。

一方の壬氏も皇弟として政務をこなしていたが、名前だけの権力者として雑な扱いを受けることに。そんな中、猫猫は羅半兄とともに農村へ向かうことになるのだが……。

壬氏の乳兄弟・馬閃と不幸体質な元上級妃・里樹の関係性の変化。西都の人々を襲う蝗害。その中で謎の落ちつきをみせる優男・陸孫。さまざまな登場人物の思惑が絡み合う一冊。

参考:『薬屋のひとりごと』第10巻リリース

『薬屋のひとりごと』の原作小説10巻(ヒーロー文庫)のネタバレ感想と考察

蝗害に立ち向かう猫猫と壬氏、波乱と混沌の回

ヒーロー10巻はなかなかに波乱の回ではありましたね。思えば『薬屋のひとりごと』という作品は1巻スタート時からずっと、まあ「1話完結」とは言わないまでも数話ごとに内容がひと区切りする印象が強かったわけですが、ある意味そこをくつがえす巻でもあったのかもしれません。

10巻のメインイベントともいえる蝗害の描写は、こうしたファンタジー・フィクションの作品にしてはかなりリアルに描かれていた印象がありました。また蝗害の発生によりこれから起こるであろう面倒ごとや厄介ごとについても、作中にてきちんと触れられていたのが良かった。

これまでのストーリー展開を考えても、たぐいまれな頭脳を兼ね備えた最強ヒロイン猫猫の機転のおかげでみごと大惨事回避! といったご都合主義な展開は実際、それほど多くはなかった気がします。

現実がいつもうまくいくわけじゃなく、良いことも悪いこともバランスよく起こるこの絶妙な現実感が、本作の面白さと奥深さの理由なんだろうなと思いますね。

一向に進展しない壬氏と猫猫、そして陸孫は当て馬?

-

今回、肝心の壬氏と猫猫の絡みはいつにもまして少なかったため、まあラブロマンス作品として読むならば正直もの足りない感はありました。

ただ…本作はどんな角度からみても読んでもやっぱり「ラブロマンス」ではないんですよね。それにしては人生ウルトラハードモードな登場人物があまりにも多すぎる。10巻はある意味、それをダメ押しされた巻でもあったようにも思います。

蝗害の発生、そしてその後の対応いかんによっては今後、壬氏がより面倒な対応に追われるであろうことはもはや火を見るよりも明らかなわけですが、それをみすみす壬氏ひとりに背負わせる猫猫ではないはず。

そこを支えるもう一人のキーパーソンは陸孫でしょう。とはいえ彼のキャラクター性については、作中ではいまだはっきりとは描かれていません。

人物像をちら見せさせながらも一番重要なところはもっと美味しい場面まできっちりとっておくこの魅せ方、非常に日向夏先生らしくて個人的にはものすごく好きです笑。あと脇キャラにとんでもない重荷を背負わせるのもきっとお好きですよね、先生は…。

陸孫はさておき、風読みの民に戌一族などなど、まだ未解決事項が山積みな10巻。どちらかといえば今後への橋渡し感も強かった気がします。

今回、ヒロイン猫猫に次いで存在感の強かった雀さんと天祐は正直癖が強すぎて好き嫌いが分かれそうなキャラクターではありますが、おそらく今後はよりストーリーの根幹に絡んでくるのではないかと思いますね。今後の展開にも注目です。

『薬屋のひとりごと』(ヒーロー文庫) 各巻ネタバレ感想と考察

7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻 13巻 14巻 15巻

【薬屋のひとりごと】原作小説13巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察| 『夜の訪問』にみる壬氏と猫猫の関係性

【薬屋のひとりごと】小説最新15巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 壬氏と猫猫の熟年夫婦感

タイトルとURLをコピーしました