【薬屋のひとりごと】原作小説14巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 壬氏と猫猫の微妙すぎる空気感

-

※記事内にPRを含む場合があります

エンタメ

『薬屋のひとりごと』は、ライトノベル作家・日向夏さんによる人気ファンタジー小説。原作小説(ヒーロー文庫)の第14巻では、ようやく西都から中央に戻ってきた猫猫たちの新たな生活、そして「翡翠牌」にまつわる新たな謎などについて描かれています。

今回は、『薬屋のひとりごと』の原作小説14巻(ヒーロー文庫)のネタバレ感想と考察について。

-

『薬屋のひとりごと』14巻あらすじ

中央に戻り、外廷の医務室勤務になって医官たちの仕事を手伝う猫猫。しかし宮廷では、いつのまにやら妙な派閥争いが起きつつあり、特に若い武官たちの間では、傷害沙汰が繰り返されていた。

そんな中、猫猫は姚に頼まれて「名持ち」の一族の会合に参加することになるのだが…。辰の家宝、翡翠牌、そして華佗の書。”名探偵”猫猫ははたして真実を見抜けるのだろうか。

参考『薬屋のひとりごと』14巻リリースより

『薬屋のひとりごと』の原作小説14巻(ヒーロー文庫)のネタバレ感想と考察

「翡翠牌」の謎解き、初期の雰囲気ふたたび

『薬屋のひとりごと』原作14巻のメインポイントはやはり、本作の大きな軸となっている”謎解き要素”がふたたびストーリーにからんできた点ではないでしょうか。

物語が進むにつれ、ヒロイン猫猫と皇弟・壬氏の微妙なる関係性がストーリーの軸になっていることが増えてきていたのは事実ですし、たしかに”身分違いのラブロマンス”という見方をしても十分に楽しめる作品であるとは思います。

ただ、その面白さはやはり”たぐいまれなる頭脳をもつヒロイン猫猫がふしぎな謎に挑む”というベースがあってこそのものではないかとも思うんですね。

今回14巻においては、少なくとも西都編にくらべると、翡翠牌の一件をはじめ、辰の家宝や華佗の書といったディテールがかなり丁寧に取り上げられていたような気がします。

そのためか、ストーリー初期の単話成立の推理もの的な空気感がふたたび濃厚になってきたのも14巻の面白さ・見どころの一つなのかなと思いますね。

-

壬氏と猫猫の微妙すぎる距離感

そして一番の見どころポイントはやはり、メイン2人のあいだにただよう微妙すぎる空気感に尽きるでしょう笑。まさかの初夜失敗の一件は、おそらくは猫猫が思う以上に壬氏の中で重いものになっているんじゃないかなあと予想。

特殊な生育環境、そして数多のトラウマによりちょっと…いやだいぶゆがんでしまった感こそありますが、基本的に壬氏はどこまでも”努力家な優等生”タイプなんですよね。

そして宮廷という一つの大きな世界しか知らないからこそ、自分のせいで誰かを傷つけてしまったときのショックが人一倍大きい。お坊ちゃんゆえの耐性のなさといっていいでしょう。もちろんそれが壬氏の良いところでもあるわけですが…。

一方、特殊な生育環境のもと育っているのはヒロイン猫猫も同じです。が、彼女は壬氏とちがい、生まれや生い立ちによるトラウマにほとんどこだわっていません。

これはまあ、妓楼という特殊な場所で育ったゆえの性質や、生まれもった気質ゆえのものでしょうね。そこもまた、壬氏が猫猫に惹かれた理由の一つでもあるんじゃないでしょうか。

『薬屋のひとりごと』という作品は決して単なる感情移入コンテンツではなく、ラブ要素や推理要素などさまざまな見どころ要素があります。

それはおそらく、ヒロイン猫猫が自身の不運をまったく嘆かず受け入れる姿勢を保っているからこそだといえるんじゃないのかな。今後の展開にも注目ですね。

【薬屋のひとりごと】小説最新15巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 壬氏と猫猫の熟年夫婦感

【薬屋のひとりごと】原作小説12巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 壬氏と猫猫が両想いになったきっかけとは

【薬屋のひとりごと】原作小説9巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | ”痛いの痛いのとんでいけ”

【薬屋のひとりごと】原作小説11巻(ヒーロー文庫) ネタバレ感想と考察 | 猫猫に求婚した骨太男子・陸孫の出自

タイトルとURLをコピーしました