1993年ドラマ『高校教師』ネタバレ考察  持田真樹はなぜ相沢直子役を引き受けてしまったのか?

-

※記事内にPRを含む場合があります

エンタメ

1993年放送のTBSドラマ『高校教師』は、真田広之演じる生物教師と桜井幸子演じる女子生徒のあいだに生じる禁断の愛を描いたストーリー。脚本は野島伸司。
ただ、その特殊な設定や表現・展開に『気持ち悪い』など賛否両論の意見もみられます。

今回はドラマ『高校教師』に出演した持田真樹さんとその役柄・相沢直子について。

-

1993年ドラマ『高校教師』にて持田真樹が演じた役柄は?

1993年に放送された金曜ドラマ『高校教師』に出演した持田真樹さんが演じたのは、ヒロイン・繭の親友・相沢直子。

明るく親しみやすい性格の直子は、どこかミステリアスな雰囲気をもつヒロイン・繭と対比的に描かれている印象がありました。しかしその半面、憧れて崇拝していた教師・藤村から強姦され、そのことを誰にも言えずに長いこと一人で抱え込むという比類なきレベルの重荷を背負ったキャラクターでもあります。

そのシビアな役どころから他の女優にはオファーを拒否され、最終的に当時まだ現役高校生だった持田真樹さんに決定したそう。今回は彼女がみごと演じぬいた「相沢直子」というキャラクターについて考えてみたいと思います。

相沢直子(持田真樹)は、藤村(京本政樹)を救う女神にはならなかった

あれだけ酷い目にあわされた上で、脅されていたとはいえ、直子は結局最後まで藤村のもとから逃げ出すような真似はしませんでしたね。

呼び出されれば必ず応じ、藤村のめちゃくちゃな言い分にも耳を傾け、最終的にはその関係性に自ら終止符を打っていた。「女の子はもっとちゃんと好きになるよ」。藤村に向かって最後に言い放ったこの台詞に、彼女の強さがそのまま表れているように思います。

この境地にたどり着くまで、直子は藤村に対し期待や希望を少なからず持ち続けていたのではないでしょうか。恐怖や怒りを覚えながらも、底抜けに明るいけれど決して鈍くはない彼女なら、どこかで藤村がいまだホンモノの愛情を求め続けている”可哀想な人”であることに気づいていたはず。

『高校教師』はアンチ・トレンディドラマとして、”人間の本質”を哲学的に描き出すための試みであったと脚本をつとめた野島伸司自身が語っています(制作時インタビューにて)。

ヒロイン・繭と羽村は、最終的に”互いの唯一の理解者”として生きる道を選んだ人。一方の直子は、藤村の”唯一”となる道を自ら「まっぴらごめんだ」と投げ捨てた人です。

-

弱さをもつ相手の唯一の理解者になりたいという願望がしだいに歪んでねじれた形に変わっていくストーリー展開は、恋愛をテーマとした作品においてわりとありがちなこと。

が、このドラマにおいてはその歪んだ選択や精神がある種”正当化”されているように思えます。繭も羽村も藤村も、基本的には相手に求めるやり方しか知らず、自分自身の力で自分をしあわせにする方法は持ちあわせていなかった。

そんな中、最終話にて直子だけは自分の意思を貫いて、たとえ茨の道であっても自分自身の力で前へ進んでいくことを選んだ。この意思の強さ、頑固さは、唯一彼女の力になってくれた新庄とどこか似ていますね。教え子は教師に似てくるとかいいますが、なんだかんだで新庄と直子は同じような性質をもちあわせていたのかもしれません。

つらい目にあっても生きていく道を選んだ直子は、実は劇中で誰より芯のあるキャラクターだったのかなと思います。若さゆえのまっすぐさが時には痛々しいほどで、しかしだからこそ、当時現役高校生だった持田真樹さんには適役だったのかもしれませんね。

『高校教師』というドラマ劇中には、少々うがった見方をするなら、相手の求める人間になろうという努力信仰・女神信仰が横行しているように思います。

が、直子はそこに囚われず、血みどろになって苦しみながらも最後まで自我を捨てずに貫いた人。みていてスカッと爽快な気分になれるほど、個人的には好ましいキャラクターの一人でした。

ドラマ『高校教師』感想考察一覧

タイトルとURLをコピーしました